« スリランカ通信(11)  リフレッシュ in キャンディ(1)「旅立ち」 | トップページ | スリランカ通信(13)  リフレッシュ in キャンディ(3)「キャンディ湖畔」 »

スリランカ通信(12)  リフレッシュ in キャンディ(2)「仏歯寺」

1_5

仏歯寺


 仏歯寺、仏陀の歯が安置されておりDalada Maligawa と地元の人は呼ぶ。B.C.547年に仏陀が火葬(本当か?)されて後、インドから密かにスリランカに持ち出されたのは4世紀といわれている。インドのオリッサ州のカリンガ王子が頭髪の中に隠して持ち込んだものらしい。この仏歯はアヌラーダプラに奉納されて以来、転々と当時の首都を経由して1590年にキャンディに到達したといわれている。仏歯のある所が都の置かれる場所なのである。したがって、スリランカ人の仏歯に対する思いは尋常ではないと想像できるのである。

 キャンディ市内に到着した。レストランあり、土産物屋さんあり、たくさんの人が繁華街を往来している。にぎやかだ。人々の表情も明るい。コロンボの閑散とした寂しさがない。居心地の良い場所だ。散策できる所もある。住んでみたい。タイで暮らしていたころ、チェンマイに対して抱いた印象と同じだ。繁華街の一角に大きな湖がある。キャンディ湖だ。そして、その湖畔に仏歯寺がある。

 なかなか警戒が厳しい。2箇所でセキュリティ・チェックがはいる。身体検査ではなんと急所まで触られた。(そんなことをしてどうするというのだ。警備員の個人的趣味か。どさくさに紛れてやられたって感じだ。やつの目が妖しく光ったのを俺は見逃さない。)境内は広い。インドのバンガロールで見た寺院と雰囲気が似ている。本堂の前で2回目のチェック。今度は外国人料金500ルピーを払えと言われた。失恋男が助け舟を出してくれた。「この人はケラニア大学の先生で観光客ではない。」とか何とか言ったらしい。おかげで無料通過。しかしここでも急所チェック。(なんだこいつら、変態の集まりか。)そう思いつつも、どういう風に言葉を紡いだらいいのか、イメージがわかない。まともに触られたわけでもない。とりあえずボディ・チェックなのだから…。微妙なのだ。う~む、やつらの技ありというところか。こだわっても仕方がない。握られたわけではないし。とにかく中へ進む。

 いよいよ納骨堂ならぬ「納歯堂」へ。ここにもたくさんの人がいる。女性が圧倒的に多いようだ。それも、うら若きランカ乙女たちが座り込んで祈っている。どの人も、さびしそうな憂いを含んでいて、それはそれで気になる。お~い、みんな失恋者かい? 恋に疲れた女がオオゼイ…。失恋男も神妙な顔をして、目をつぶり、手を合わせている。(そうそう、そうやって、これまでの自分の限りなき欲望を深く懺悔しなさい、六根清浄、六根清浄。)

 新館というのが隣にあって博物館になっていた。失恋男が以前来たときはなかったという。一緒に見学した。この仏歯寺は10年前にLTTEに攻撃され、数名が死亡。建物も破壊された。その時の悲劇の写真がパネルになっている。この寺も辛い思いをしているのだ(合掌)。その他、仏歯の行脚の軌跡も展示されている。面白いのは、外国人が寄付したという外国の貨幣を国別に揃えて陳列していることだ。(まあ、他に展示するものがないという残念なことを示してもいるのだが。)また、タイと同じテラワーダ仏教ということで、タイから寄進された仏像の姿も見える。スリランカとタイ、俺の知らない所で結ばれている。深い縁があるのだ。
1_6

土産物屋


|

« スリランカ通信(11)  リフレッシュ in キャンディ(1)「旅立ち」 | トップページ | スリランカ通信(13)  リフレッシュ in キャンディ(3)「キャンディ湖畔」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「異常に足が短いなこの日本人、きっと股になにか隠しているに違いない。」そう思われてしまったのではないことを祈ります。

それはそうと、仏歯をめぐる「インディジョーンズ」みたいなムービーができそうですね。

憂いを含んださみしそうな乙女の写真はどこですか?

投稿: おさむ | 2008年8月19日 (火) 10時25分

ぼくの股って目立つんですかね。
自分ではふつうと思っていたけど・・・。

仏歯、じつは昔、ポルトガルに没収されそうになって、
あわてて偽物を献上し、難を逃れたという話があるけれど、
今、祀られている「歯」、本物かどうか。
インドに流れた説、あるいはタイへ運ばれた説、
いろいろ面白い話が書けそうです。
タイの「ジムトンプソン」の行方とともに、
スリランカの謎として検証してみるのも、
定年後の楽しみとして面白いかも。

スリランカ女性の写真、次回をお楽しみに。

投稿: 青沼国夫 | 2008年8月19日 (火) 18時53分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スリランカ通信(12)  リフレッシュ in キャンディ(2)「仏歯寺」:

« スリランカ通信(11)  リフレッシュ in キャンディ(1)「旅立ち」 | トップページ | スリランカ通信(13)  リフレッシュ in キャンディ(3)「キャンディ湖畔」 »