« スリランカ通信(19)           「ケラニア大学騒動記」         きみは催涙ガスを浴びせられたことがあるか | トップページ | スリランカ通信(21)「故郷」 »

スリランカ通信(20)   「月の中のウサギ」

 日本のお月さまの中ではウサギが餅つきをしていることになっているが、スリランカのお月さまの中ではウサギが座っているのだそうである。いずれにしても、日本でもスリランカでもお月さまの中にウサギを見ていたというのは面白い。
 スリランカでは満月の日(29日から30日ごとにやってくる)はポーヤ・ディと呼ばれて国民の休日になっている。多くのシンハラ人はお寺へ参拝に行く。

「むかし、むかし、ウサギとサルとカワウソの三匹が川のそばの森に住んでいました。」で始まるスリランカの民話がある。「月の中のウサギ」だ。あらすじを紹介しよう。
~~~~~~~~~~
 三匹は他の動物と同じように、一日中食べ物をさがしまわっている。夕方になると川岸に座って、一日の出来事を話し合うのが習慣になっていた。三匹の中で賢く性格の良いのはウサギだった。このウサギは自分の生き方を教えようとしていた。サルとカワウソはウサギの素晴らしさを知っていたのでウサギのいうとおりにしてきた。三匹はポーヤ・ディの教えを守ってその日は殺生しなかった。その前日までにカワウソは魚を、サルは蜂の巣をウサギは草を数本、準備するようにしていた。ウサギは言った。
「欲している人に何かを与えるのは良いことです。少なくともポーヤ・ディにはそうしなくてはなりません。」
カワウソが言った。
「もし今日誰かが来たらわたしの魚をあげよう。」
サルも言った。
「もし今日誰かが来たらわたしの蜂の巣をあげよう。」
しかし、ウサギは悲しくなった。自分には草の葉しかない。誰が葉っぱなど欲しがるだろう。与えるものがない。ウサギは言った。
「人間はわたしの肉が好きだからお腹をすかせた人が来たら私の肉を焼いてあげよう。」
カワウソとサルはふるえあがり泣いて反対したが、ウサギの決心は揺るがなかった。
 あるポーヤの日、ひもじそうな老人が川のそばにやってきた。サルは蜂の巣を与えた。カワウソは魚を与えた。しかし老人は言った。
「私はまだお腹がすいています。もっと私にくれるものはないですか。」
ウサギがついに前に出て言った。
「私たちにはもうこれ以上さし上げるものはありません。でも、わたしの肉をあげることはできます。どうぞ、私を焼いてください。」
それから、サルとカワウソに近づいて言った。
「私のことを悲しまないで。私たちはいつか死にます。私たちは一緒に教えを守りました。たくさん良い行いもしました。私がいなくなっても良い行いを続けて幸せになってください。」
 ウサギが火の中に飛び込んだ瞬間、老人がウサギを腕の中に抱きとめた。それから川の中の長い葦を折り取って、ウサギを抱えたまま空に昇って行った。月の面にその葦でウサギの絵を描いた。
「この素晴らしい贈り物を世界中の人々が覚えておくように、世界中の人々がこの与えるという究極の姿を忘れないように。」
 老人は神様だったのです。神はウサギを地上に下ろし、仲間のところにもどしてから天国へ帰っていった。
~~~~~~~~~~

 長い間続いていたスリランカの内戦が終結した。これからはテロの恐怖におびえずにのびのびと暮らしていけるのだろう。わたしの学生にとっては生まれたときからの戦争状態。初めてかみ締める平和な生活。うれしさがこみ上げてくる気持ちは無理もない。スリランカでもっとも有名な人物はと聞いたところ、だれもがラジャパクサ大統領の名前をすぐさま挙げた。

 大きな戦争を経験している日本だが、戦無派の私にはなかなか分からない部分でもある。
コロンボ市内では連日、爆竹が鳴りパレードが行われている。それぞれが浮かれて踊りまくって喜びを表している。「平和」本当にそれは貴重なものだと思う。
 だが、これまで何人の犠牲者がいたのだろうか。この数ヶ月間は強攻策によって多くの難民を出し、国際的な批判も浴びている。
 力で勝ち取った平和だった。

 1951年のサンフランシスコ講和会議に当時のセイロン代表として出席したジャヤワルダナ氏は、スリランカの被害や損害について日本に賠償を求めるべきだが、その権利を行使するつもりはないとした。その理由は、「憎しみは憎しみによって止むことなく、愛によって止む」という言葉があるからだと言った。
 その言葉が私の脳裏を横切った。

 月の中の「ウサギ」はどんな思いで、この終戦を見ているのだろう。

Photo_2

下町のお寺

|

« スリランカ通信(19)           「ケラニア大学騒動記」         きみは催涙ガスを浴びせられたことがあるか | トップページ | スリランカ通信(21)「故郷」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

久しぶりの更新、早速読ませていただきました。

スリランカの様子についてはテレビや新聞などからしか知ることが出来ず、本当のところはどうなのだろうう、と心配もしていました。
君の滞在している国だからです。

もし君の住む国でなかったら、正直なところ、気にも留めなかったことでしょうね。


ウサギのお話については一言も二言もありますが、それはまたお会いしたときの楽しみに取っておきましょう。

投稿: おさむ | 2009年6月16日 (火) 10時06分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スリランカ通信(20)   「月の中のウサギ」:

» バーバリーブランド、ハンカチではどうか [バーバリーのハンカチ]
バーバリーでしたら落ち着いた印象で歴史もありますから、贈り物にすれば相手の好感度は充分高いと思います。でも最近はバーバリーといえども、ハンカチにはそれほどの価値は少ないと思います。そういうことなのでバーバリーというブランド的なイメージなら、特に印象は強くありません。バーバリーは「おじさんイメージが強くて年寄りくさい」イメージがあります。バーバリーの物はいいと思いますが盛りの過ぎたイメー�... [続きを読む]

受信: 2009年6月15日 (月) 17時39分

« スリランカ通信(19)           「ケラニア大学騒動記」         きみは催涙ガスを浴びせられたことがあるか | トップページ | スリランカ通信(21)「故郷」 »